越中福岡の菅笠製作技術保存会 国の重要無形民俗文化財指定 越中福岡の菅笠製作技術保存会 菅笠を守り伝えよう 保存会員募集中!
イラスト
お知らせ 越中福岡の菅笠 保存会の活動 お問い合わせ かさぼんこ
保存会の活動 活動内容
後継者育成 会員募集! 保存会通信バック№
    「 越中福岡の菅笠製作技術保存会 」 活動方針  

 「菅笠」は、長く日本人の日常生活の中に溶け込み「日本の伝統文化」を物語る道具のひとつです。

 「どのように 軽く見えても 皆人の 下には置かぬ 加賀の菅笠」

 これは、文久3年(1863)に加賀藩13代藩主前田斉泰が14代将軍徳川家茂に従い上洛した際に、京の都で詠まれた川柳です。殿様が菅笠に例えられる程全国に「加賀笠」が知られていたわけですが、その主要産地が越中福岡でした。藩政期以来の由緒と伝統を持つ菅笠づくりは、福岡の歴史そのものです。
 越中福岡は、日本で唯一、菅田から問屋まで、一貫した生産技術体系を保持している地域です。しかし、菅笠づくりは、分業化した各工程が相互依存する形で成り立っており、途中の一工程が立ち行かなくなっただけで、生産機能が停止する恐れを有しています。
 このような状況下、この菅笠を産業面だけでなく、文化面での価値を高めつつ菅笠製作技術の保存継承対策を講じていくことが緊急の課題となっております。
 このことから、当保存会は、「技術の継承と振興」を目的とし、菅笠づくりの環境を発展させ、その発展が継承者を育てるという、持続的な菅笠生産体系の構築を目指していきます。
 越中福岡の菅笠を守り伝えるため、菅笠づくりに携わる者が一丸となり日本の菅笠を次世代につなぐ活動を進めていきます。
菅笠

平成30年4月

越中福岡の菅笠製作技術保存会
会 長  城山 孝
    主 な 活 動 内 容  

・ 菅笠製作(笠骨づくり・笠縫い)に関する技術後継者育成。

・ 菅笠づくり体験教室の実施、参加者勧誘。

・ 保存会加入の普及啓発活動・勧誘。

・ 「越中福岡の菅笠製作技術保存会通信」の発行。

・ 展示会での出品・実演・参加。

・ 菅笠に関するPR活動(菅笠に関するポスター・パネルの作成等)。

・ スゲ草生産者・生産地の実態調査、スゲ田調査。

・ スゲ草栽培推進事業に関する事。
菅笠づくり体験
福岡高校で行われた「郷土学習会」菅笠づくり実演・体験の様子


笠縫い実演
「第35回 全国豊かな海づくり大会-富山大会-」
笠縫い実演の様子


後継者育成 笠骨職人
後継者育成「笠骨職人育成事業」
後継者育成 笠縫い職人
後継者育成「笠縫い職人育成講座」
・ ホーム
・ お知らせ ・ 越中福岡の菅笠 ・ 保存会の活動 ・ お問い合わせ ・ かさぼんこ
募集中の講座など
保存会通信 最新版
リンク
歴 史
国の重要無形民俗文化財
日本遺産
種 類
菅笠ができるまで
活動内容
後継者育成
会員募集!
保存会通信バック№
お問い合わせ先
菅笠取扱店
かさぼんこだにゃん
町で見かけた菅笠さん
かさぼんこ
イラスト/©2012 山下やすふみ
著作権・免責事項について  ©2014 越中福岡の菅笠製作技術保存会
inserted by FC2 system